学校法人崇徳学園

原田直樹 ボクシング国体優勝

第68回国民体育大会「スポーツ祭東京2013」にて、ボクシング少年ウェルター級原田直樹(高2−12)が、念願の初優勝をつかんだ。

 

昨年の岐阜国体と今年のインターハイ、どちらも準優勝と、後一歩というところで涙をのんでいた原田。

 

昨年の崇徳祭で、「おしい!広島県」のコピーポスター「ぶちおしい!広島県」を作成した原田のクラスでは、未公開作品として「おしい!原田直樹」が作成されていた。(右写真が未公開作品→)

 

そんな「ぶちおしい」男、原田がついに決めてくれた。決勝では東京・駿台学園高の岩本を3−0の大差の判定で下し、堂々の優勝。
おめでとう、原田直樹!

 

        ステップからのジャブも強烈。

華麗なフットワークで相手を翻弄、隙を突いて一発。


             判定の瞬間


ホーム サイトマップ
崇徳学園について 崇徳の教育 クラブ・行事 入試情報 生徒・保護者の皆様