在校生・保護者の方へ

学校感染症にかかったら

生徒がインフルエンザ等の指定された感染症に罹患した場合には、学校保健安全法19条の規定により、出席停止となります。(その間は欠席扱いにはなりません)

例え軽症でも罹患した場合は、速やかに学校(担任)へ連絡し、医師の許可があるまでは登校できません。

尚、医師から登校の許可が出ましたら、下の「学校感染症等治癒通知書(登校許可書)」に医師の証明をもらい、学校(担任)に提出して下さい。
(下のリンクからダウンロードできます)

該当感染症(比較的多いもの、一部抜粋)
出席停止
  • インフルエンザ
  • 新型コロナウイルス
  • 咽頭結膜熱(プール熱・アデノウイルス感染症)
  • 流行性角結膜炎(はやり目) など

条件によっては出席停止
  • 溶連菌感染症
  • 感染性胃腸炎(ノロウイルスなど)
  • マイコプラズマ感染症 など

新型コロナウィルス感染症について
新型コロナウイルス感染症患者・濃厚接触者等と特定された場合は、学校校保健安全法19条等の規定により、出席停止となります。(その間は欠席扱いにはなりません)
出席停止については、以下の通りの扱いとします。
(1)感染が判明した場合 
  「治癒するまでの間」出席停止とする。 
  「学校感染症等治癒通知書(登校許可書)」に医師の証明をもらい、学校(担任)に提出してください。
  (下のリンクからダウンロードできます)
(2)感染者の濃厚接触者と特定された場合
  感染者と最後に濃厚接触をした日から起算して「2週間」出席停止とする。
  別紙「健康観察表」を記入し、保護者が押印し提出する。(下のリンクからダウンロードできます)
(3)風邪症状(発熱、咳、鼻汁、咽頭痛、頭痛等)が見られ、自宅で休養させる場合
  別紙「健康観察表」を記入し、保護者が押印し提出する。(下のリンクからダウンロードできます)
(4)基礎疾患等のある生徒で、地域の感染状況を踏まえて、主治医に相談の上、登校を控えた場合担任に相談ください。

詳しくは下の通知書をご覧になり、感染した場合は医師の判断を仰いでください。