在校生・保護者の方へ

気象警報発令時の措置について

  1. 自宅待機中、午前9時までに警報が解除された場合は、午前10時30分までに登校、午前10時50分より3校時目以降の授業を行います。
  2. 午前6時以降、「広島市」に「大雨警報」「洪水警報」「暴風警報」「暴風雪警報」のいずれかが発令中であれば自宅待機とします。
  3. 自宅待機中、午前9時においても警報が解除されない場合は、休校とします。
  4. その他の警報発令中は、原則として通常通りの登校とします。

ただし上記の措置に加え、居住する地域が「広島市」に該当しない生徒は、以下のように対応します。

(1)午前6時において自らが居住する市または町において、上記の1.の警報のうちいずれかが発令中であれば自宅待機とします。
(2)自宅待機中、午前9時までに警報が解除された場合は、原則として登校し、3校時目以降の授業を受けることとします。
(3)自宅待機中、午前9時においても警報が解除されない場合は、終日自宅待機とします。
(警報発令時による欠席・欠課は「公認」とします)

なお、船舶の欠航・遅延などによる欠席・欠課は「公認」とします。